メニューメニュー

導入事例

sXGPサービス導入事例

製造業

sXGPの特性である
ハンドオーバーを活用した
AGV環境の構築

製造業において業務効率化および省人化を進める上で、AGVの導入が積極的に進められています。
AGVの機器を遠隔操作するため様々な方法が検証されており、多くの企業がWi-Fiでテストを実施した結果、電波干渉やエリア設計の壁にぶつかり、代替案を模索しています。
そこで外部からの電波干渉を受けにくく、電波の回り込み特性に優れたsXGPの活用を検討する企業が増えています。

WiFiでは、工場で頻繁に行われるレイアウト変更やエリア拡張に伴う機器の増設により、都度、緻密なエリア設計が求められます。また、外部の電波状況変化や持ち込みWi-fi機器の影響を受けることもあることから、エリア設計が用意なsXGPへの期待は高まっております。

このページの先頭へ