メニューメニュー

ニュース

sXGP

sXGPポータブルキットを販売開始

2021年7月5日

ビー・ビー・バックボーン株式会社

 

 ソフトバンク株式会社の子会社であるビー・ビー・バックボーン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸坂 豪臣、以下「BBバックボーン」)は、sXGP※1ポータブルキット(以下「本キット」)の販売を2021年7月5日に開始します。

 

 BBバックボーンは、これまでもsXGP方式に対応する製品やサービスを提供してきましたが、このたびsXGP方式によるプライベートネットワークでの音声通話やデータ通信を手軽にご利用いただけるよう、sXGP対応のアクセスポイントやコア装置、スマートフォン、SIMなどを一つにまとめた本キットを提供します。

 

 本キットは、データ通信に必要な設定などをすることなく、ケーブルに接続して電源を入れるだけで、すぐにプライベートネットワークをご利用いただけます。また、専用の可搬用ケースに収納することで容易に持ち運びができ、免許不要局のメリットを最大限に生かしてご利用いただくことが可能です。※2

 

※1 sXGP(shared eXtended Global Platform):伝送距離は数十メートルから数百メートル程度、伝送レート(共有)は十数Mbps程度。時分割多重によるLTE方式(TD-LTE)を採用。

※2 sXGP方式では、アクセスポイントを私有地などの施設内で利用していただく必要があります。

 

 

■sXGPポータブルキットについて

 

<製品イメージ> 

 

<基本構成>

sXGP対応アクセスポイント(SC-120J2)※3 1台
コア装置(EPC)※4 1台
スマートフォン(AQUOS sense3) 2台
sXGP-SIM 2枚
付属品 天井・壁掛金具、クレードル、ACアタプター

※3 Accuver Japan社製

https://accuver.jp/products/sxgp-smallcell/

※4 Quortus Inc.社製

https://quortus.com/news-event/quortus-secures-investment-to-drive-global-deployment-of-private-mobile-networks/  

 

追加オプション

IoTゲートウェイ(データ通信デバイス、AMT5741)

※スマートフォンやsXGP-SIM、IoTゲートウェイの数量変更も可能です。

 

サイズ・重量 

サイズ:400×240×420mm
重量:約4.0kg(各機器の収納時)

 

<特長>

注文時にデバイス数を指定していただくことでスケーラブルな利用が可能

※デバイスの登録数に上限はありませんが、本キットの同時接続(通信)数は1アクセスポイント当たり最大10台です。

・スマートフォンやIoTゲートウェイなどと組み合わせることが可能で、音声通話とデータ通信を同時に利用するなど、プライベートネットワーク環境でさまざまな利用シーンに対応

 

 

■利用シーン

(1)手軽にプライベートネットワーク環境を構築

音声通話やデータ通信を利用した業務効率化などに活用していただける他、設置工事が不要なため、イベント会場や建設現場など一時的にプライベートネットワーク環境を構築する場面でも利用可能です。

 

(2)Wi-Fiや公衆LTEでは利用が難しいエリアで無線通信環境を構築

1.9GHz帯の特性を生かすことで、さまざまな障害物がある製造現場や倉庫、建築・工事現場などでの無線通信の導入の他、自治体などでのミッションクリティカルな場面を想定した独自の無線通信環境の構築などに活用可能です。詳細はこちら(http://bbb-sxgp.com/)をご覧ください。

 

 

本件に関する問い合わせ先

ビー・ビー・バックボーン株式会社 sXGP普及促進事務局

サービスサイト(コンセプト動画あり):https://www.bbbackbone.co.jp/

問い合わせフォーム:https://www.bbbackbone.co.jp/contact/

このプレスリリースに記載されている会社名および製品サービス名は、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ