メニューメニュー

ニュース

sXGP

sXGPサービス衛星接続開始

 ソフトバンク株式会社の子会社であるビー・ビー・バックボーン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸坂 豪臣、以下「BBバックボーン」)は、sXGP(※1)サービスと衛星の接続を開始します。

 BBバックボーンは、これまでもsXGP方式に対応する製品やサービスを提供してきましたが、このたびsXGPサービスと衛星を接続することでより強固なBCP対策が可能となりました。

 衛星接続により、キャリア回線切断時でもインターネット閲覧・内線通話・拠点間通信が可能に。

災害大国日本において、災害時でも便利に・即時に・快適に利用できる通信インフラへと進化を遂げます。

 また、持ち運び可能な可搬型アンテナも提供可能。

災害現場に応じてご利用いただけるようになります。

 

※1 sXGP(shared eXtended Global Platform):伝送距離は数十メートルから数百メートル程度、伝送レート(共有)は十数Mbps程度。時分割多重によるLTE方式(TD-LTE)を採用。

 

<構成イメージ> 

 

 

ビー・ビー・バックボーン株式会社 sXGP普及促進事務局

問い合わせフォーム:https://www.bbbackbone.co.jp/contact/

このプレスリリースに記載されている会社名および製品サービス名は、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ